高山右近列福を祝して

ユ ス ト 高 山 右 近 列 福 お め で と う ご ざ い ま す!クリックすると新しいウィンドウで開きます400年の時を経て、列福された右近祭に、大阪城ホールいっぱいの1万人の方が参加されました。日本全国だけでなく右近の終焉の地となったフィリピンやいろいろな国々から、お祝いに駆けつけてくださった人々とともに神さまに賛美と感謝をささげました。

冬の虹 仰ぎて行くや 右近祭      いつくしみを 右近に倣い 初風に

トマス アクィナス前田万葉大司教さまの句です。地位も名誉も財産も国もすべてを捨てて永遠のみ国を目指し、苦難の道をひたすら歩み続けた愛と祈りの人右近に倣い、私たちも福音宣教にともなう苦労をいとわず邁進しましょう。日々の生活の中で、食卓の余ったもの、古いものから先にいただき、楽なことではなく大変なことにチャレンジし、皆の嫌がることから逃げるのではなく、率先して取り組みましょう。聖カタリナのようにバラではなく茨を選び取る勇気を持ちましょう。私たちの恵まれた環境、支えとなってくれる姉妹・隣人に心から感謝し、神さまの祝福となるよりよい生き方をしましょう。      管区長 シスター アスンタ中山

 

心からの感謝をこめて

スペインの管区長さま、院長さま、dca54姉妹の皆さまから学んだたくさんのことは、ことばでは言い尽せませんが、とりわけあたたかいもてなしの心と神の家(修道院)を美しく磨きあげている信仰の深さです。何ものも恐れない強靭な意志と同時に胸にとびこんでいけば両手を広げてしっかり受けとめてくれるあたたかさに感銘を受けました。

私たちの日本管区の土台を築いてくださった母なるスペイン管区の皆さまに心から感謝をこめた日々を過ごしたいです。(日本管区長Sr.N)