日本26聖人の映画を見ました。

今日は、26聖人殉教者の祝日です。朝食の時に姉妹が、「昔、いい映画をみたのよ~」と言い始めたので調べてみたらなんとYOUTUBEで見られるようで、早速みんなで見ました。なんと、今から 89年前、1931年 ( 昭和6年 )に公開された 「 殉教血史 日本二十六聖人 」 です。ここにも埋め込みましたので是非、みなさんもご覧くださいませ。
映画の内容は、長崎で処刑された 26人のキリスト教徒 ( 日本二十六聖人 ) の 殉教の史実に基づいた物語。

原作 ホイヴェルス博士

製作は、平山政十。当時、日本統治下にあった 朝鮮の京城 ( 現在の ソウル ) で、牧畜業を営んでいた カトリック信徒の 平山政十が、個人資産を投入して製作した作品で、製作費は、当時のお金で 30万円。

監督: 池田富保
出演者は、  ペトロ ・ バプチスタ神父 : 山本嘉一
パウロ三木 : 浅香新八郎
髙山右近太夫長房 : 金平軍之助
小西摂津守行長 : 瀬川銀潮
細川ガラシャ玉子 : 伏見直江
フランシスコ大工伝吉 : 片岡千恵蔵
護送役人 ・ 河北仙蔵 : 伴淳三郎
侍女マグダレナ桜木 : 山田五十鈴
アント二ヨの母 お久 : 浦辺粂子

【 映画 「 殉教血史 日本二十六聖人 」 】の記事より

(高山右近研究室さんのブログを参照させていただきました。)

キャンパスの馬小屋たち

学内のあっちこっちの馬小屋。教職員と学生さんが協力して設置しました。コロナ禍で様々な行事が中止となりましたが、どんな状況にあっても、聖家族の姿を眺めつつ、希望をもって、平和のうちに過ごしたいものです。

00C7861C-C509-4A7E-9D9D-0AB4B15D6A92 7EFACA58-91E8-4547-AFDD-30FCAB5ACB07 4E443489-BB5C-4A78-8C81-B767B057B7DD 0A2F0B51-D231-4C6A-9D40-127DB8B368D9

DSC_2037 (2) DSC_2042 DSC_2059

2号館 DSC_2065 DSC_2067 研究室 イルミネーション  thumbnail_IMG_0298

 

笑顔は宣教のきほんですね。

デイサービスですっかり人気者になっているシスター前田が、お誕生日会を開いていただいたと、心のこもった色紙のプレゼントを見せてくださいました。93歳おめでとうございます。これからも元気はつらつ、神様を賛美し、その笑顔で人々を元気にしてくださいね。

20200905_143818_519 20200905_143857_944

写真では少し見えにくいので、色紙に書かれているメッセージをいくつか紹介します。

「お誕生日おめでとうございます。」に続き、
「前田さんの歩くスピードについていけません。元気の秘訣を教えてくださいね」
「前田先生の可愛い仕草にみなの笑顔がこぼれます。これからも会えるのを楽しみにしています。どうぞよろしくです。」
「脳トレでは漢字をよく知っていてびっくりします。歩くのも速く、元気な前田さん、また、デイに来てくださいね。」
「歩くのがとても速い前田さんについていくのに必死です。93歳とはとても思えない元気はつらつとしていて素敵です。これからもお元気で」

 

 

シトラスリボンをつくってみました。

シトラスリボン運動が広がっています。
シトラスリボン運動とは、新型コロナウイルスの感染者や家族、医療関係者らへの誹謗中傷や偏見、差別の解消につなげようと、愛媛から立ち上がった運動です。
早速、若者たちと一緒に作ってみました。
DSC_181320200821_110954_778
リボンの色は愛媛の柑橘をイメージしたシトラスカラー
地域、家庭、職場や学校を3つの輪で表し、結んでいます。
たとえウイルスに感染してしまっても、「ただいま」「おかえり」と言える
人の輪の大切さを伝えています。DSC_1811 DSC_1812
まずは私たちから、差別や偏見をなくしていきましょう。