祝終生誓願・誓願更新

thumbnail_IMG_1516 thumbnail_IMG_15142018年3月3日、伊丹ロザリオ修道院に於いて前田万葉司教様の司式のもと16名の司祭、170名の参列のもと、誓願式が行われました。終生誓願を立てたSr.maria kondoと、誓願を1年間更新したSr.Martina Thoaより喜びと感謝のメッセージが届きましたのでここに掲載させていただきます。

「今日、この日を迎えることができたのは、神さまと支えてくださった方々、そして入会の日から今まで、大きな心で私を受け入れ、生活を共にしてくださった姉妹の皆さまの愛と祈りのおかげです。これから先も、ときには七転び、八転び、すると思います。でも、その度に、イエスさまに起こしていただきながら、神さまのいつくしみを証しする宣教者として、最後までこの道を歩きつづけていきたいと思います。祈りで支えてくださっている、お一人お一人に、心からの感謝をこめて・・・。」      Sor Maria Kondo O.P.

“元気”に生きよう…
「伊丹修道院の姉妹方の愛の奉仕のおかげで私は三日間の黙想を無事に終え、三月三日に穏やかな心で誓願更新の日を迎え、“心をこめて私自身を奉献いたします”という言葉をまたもう一回皆の前で神様に言うことができました。姉妹に感謝!みんなに感謝!!神に感謝!!!   本来なら誓願更新は普通のミサの中でささやかに行われるものですが、今年は終生誓願を宣立する姉妹といっしょに祝わせていただきましたので、前田万葉大司教様をはじめ、多くの神父さま方と修道会の姉妹方、大勢の方々から祝福をいただきました。こころから嬉しく思い、神様に感謝しています。
黙想を指導してくださったアリバス神父様の言葉を借りて言うと、修道会のミッションは“salvación”、これは“salud”という言葉から来て、“元気”に生きるという意味があります。“ひとびとのsalvaciónのため”という使命を持っているドミニコ会に生きることは“元気いっぱい生きる”ということ…また、ごミサ時の大司教様の説教の中で、“一日を大切に、忠実に生きる”ことをおっしゃいました。この二つの言葉はまさに今私が必要としている言葉だと感じました。これからの一年間の一日一日を大切に、元気に、忠実に歩んで行きたいと思っています。皆様どうぞお祈りをお願いいたします。                 Sor Martina Nguyen Thi Kim Thoa O.P

 

 

2終生誓願2018  終生誓願2018 1 終生誓願2018.3

 

 

聖霊降臨おめでとうございます。(管区長より)

聖 霊 降 臨 の 祭 日 お め で と う ご ざ い ま す!

聖霊降臨の祭日が、今年は6月4日(日曜日)とあって感無量です。57年前のこの日私は、受洗のお恵みをいただきました。思いがけずたくさんの先生やお友だちが祝ってくれて、大きな喜びに包まれました。♪聖霊と愛とが/あなたを包む時/心も魂も満たされ/あなたの心に/主がともに住み/古い自分は過ぎ去る/イエス オー イエス あなたの愛で/イエス オー イエス 心を満たして♪

教皇フランシスコは、「弟子たちの共同体の生活を満たす福音の喜びは、宣教の喜びです」「宣教活動のただ中では、イエスがともに生きてくださっていることが感じられます」とおっしゃっています。伊丹ロザリオ幼稚園卒園の3人の姉妹は、神さまのことをずっと身近に感じています。その中の一人がいま、洗礼を受けたいという気持ちに駆られています。幼い日に神さまと出会った子どもたちは、聖霊の息吹を受けて神さまとともにあることを喜んでいます。 「ゆっくり生きよう スローライフ。/地面の高さから 見えるものがある。/だれだって/大地から命をもらって 大地に帰っていく。/自然は友だち。/ゆっくりいっしょに過ごせば/友だちの心がわかる。/仲間がふえる。/どこまでもつながっていく。/大地から 空のかなたまで。・・・次の日の帰り道、傘をさして木陰を歩く二人は、これまでよりも、もっと心を通わせて話し合える友だちになっていました」-「こころの散歩」よりー二人の友だちが聞いたかたつむりの歌の中に、福音があります。心の通う友だちになることで、福音を宣べ伝えましょう。「友よ!」と呼んでくださった神さまによって・・         ソール・マリア アスンタ中山O.P.